トレーニングをしている女性

暴飲暴食してしまった翌日はこの方法でリセットしよう

誰でも暴飲暴食してしまう事はあります。飲み会ややけ食い、痩せたいと思って食事を控えているけれど我慢できずに食べてしまったら罪悪感が出てきてしまうでしょう。しかし取り戻す事はできますので心配は無用です。

暴飲暴食をしてしまった翌日は、特にミネラルバランスのとれた食事を心がけリカバリーすること、そしてむくみ対策を行うことがまず先決です。塩分や脂質を多く摂ってしまいますと、体内に水分を取り込もうという働きが作用してむくんでしまいがちです。そんな身体にはむくみ対策としてぬるめのお風呂に入って汗をしっかり出しましょう。暑い季節はシャワーだけで済ませてしまう方も多いかも知れませんが、血流も悪くなりますし身体の冷えは脂肪をため込んでしまう太り体質への第一歩となってしまいますので要注意です。ぬるめのお風呂に少し長めに入って、水分と一緒に老廃物を排出させましょう。

また発酵食品を積極的に食べるのもおすすめです。発酵食品を食べる事で腸内環境が良好になり、消化の機能もアップし、余分な栄養をどんどん排出してくれます。便秘がちな方の多くは、冷え性であったりむくみ体質であることが多く、女性に多いです。筋肉量が男性よりも少ないという事も関係しますが、腸内フローラを良好にして善玉菌を増やすことも大事なポイントです。

代表的な発酵食品として、乳酸菌が含まれているヨーグルトというのはすぐに思い浮かぶと思いますが、意外なところでは味噌やキムチや漬物なども挙げられます。塩分が多いキムチや漬物は食べ過ぎると良くありませんが、適量でしたら腸内の善玉菌を増やしてくれますしメリットが多いので、普段の食事に積極的に取り入れていきましょう。

暴飲暴食したことを1日でなかったことにするというと少し難しいかも知れませんが、まずはミネラルバランスを整えて、全体的なバランスを見ながら1週間でつじつまを合わせてリカバリーするぐらいの感覚で無理なく続けていきましょう。

ダイエットをしても毎回失敗してしまう、特に食事制限で我慢をし過ぎてそのストレスで、暴飲暴食してリバウンドするというのはよくある話です。それを考えると、運動をしっかりして筋肉をつけ基礎代謝を上げて消費カロリーを増やすことが理想といえますが、チートデーといって自分を甘やかす日をあえてつくるというのも長い目で見ると良いことかもしれません。
食べ過ぎてしまった時には、その後うまく調整すれば問題は無いのです。