トレーニングをしている女性

ブームとなっているサバ缶ダイエットって効果あるの?

今ブームとなっているダイエットに、サバ缶ダイエットがあります。健康志向の高い方であれば、常備していてかなりの頻度で食べているという方もいるかもしれません。多くのテレビ番組や雑誌でも取り上げられていますし、健康面だけではなくダイエットにも良いですし、効果を感じてリピートしていたり口コミでも話題となっています。

ブームになっているサバ缶ですが、なぜ痩せるのかそのメカニズムを見てみましょう。鯖に限定しているわけではなく、青魚全体にいえることなのですが、サバやイワシ、サンマなどの青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)という成分が多く含まれています。このEPAという栄養素は人間の身体では作ることができない必須脂肪酸の一つで、これが痩せホルモンの分泌を促すといわれています。

EPAには血液中の中性脂肪を減らす効果がありますが、それだけではありません。皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果が認められています。これは脂質代謝に関わる遺伝子にEPAが働きかけて、脂肪燃焼が促進されたと動物実験の結果からわかっていますので、ダイエットにも効果があるということです。痩せホルモンを分泌させることができれば、身体の内側から痩せやすい体質になることもできます。

このEPAに働きかけて分泌された痩せホルモンには、胃の消化活動を緩やかにすることで満腹感を感じやすくさせ、食欲抑制をする効果であったり、膵臓に作用しインスリンの量を調整することで血糖値を安定させたりする効果があります。

ダイエットのためのサプリメントで、食欲抑制をしたり、満腹感を与えるようなものも出ていますが、手軽に摂取できて痩せるというだけではなく健康面でもメリットのあるサバ缶は中高年の方にも人気です。

サバ缶には水煮や味噌煮、また醤油で味付けをしていたりバジルオイルなどで調味されている物もあります。どれでも同じように痩せホルモンの分泌が期待できますが、ダイエットで使うのであれば水煮が理想です。糖質が抑えられていますし、中には塩分も控えめなタイプも出ていますのでニーズに合わせて利用していきましょう。飽きてしまわないよう、サラダで使ってドレッシングで味付けを変えたり、トマトと煮込んだり、味噌汁に入れるといった使い方もできます。

1日1缶食べるのが良いといわれており、カロリーも1缶で400キロカロリー程度ありますので、食べ過ぎないようにしましょう。また栄養成分が含まれていますので、汁まで使うのがおすすめです。